瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

居宅部会の研修に参加しました

 2月10日、平成27年度3回目の居宅部会主催の研修会、「コミュニケーション能力向上研修」に参加してきました。一昨年度から続くシリーズとして、心理カウンセラーであり、特定社会保険労務士の山本道子先生の講義を受けました。

 コミュニケーションはイメージをつかんで共有することで成り立つそうです。
それを体験するために、伝言ゲームを行いました。
 1回目は、各グループの代表が前に出て、講師の示した文章を記憶します。次にグループに戻りメンバーに次々と伝言していきます。ルールは、覚えた内容を途中で言い直しや質問をせずにそのまま1回だけ伝えるのです。結果は散々で、最初の文章が正しく伝わったグループは一つもありませんでした。

 2回目は、同じように文章を記憶しますが、文章をそのまま伝える必要はなく、質問や身振り、手振りも含めて伝言します。結果、全てのグループが正しく伝わりました。

 日頃、言ったつもり、聞いたつもりで思わぬ思い込みをしたり、逆に誤解を受ける事も少なくありません。多忙な時こそ注意して、質問を交え、表情や身振りもみながらコミュニケーションをとる必要がある。また、相手の異なった意見を軽視することなく、自分の考えを率直に言える技術、「アサーション」という技法も身に着けるなど、望ましい対人関係をつくるために、コミュニケーション技術を高めることが必要と感じました。

※瑞穂区には、瑞穂区介護保険事業者連絡会があり、その中の「居宅部会」に、いきいき支援センターも会員として参加しています。
a0215710_9575122.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-02-26 12:00 | ケアマネ支援