瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

「地域包括ケアシステム」を考える(へるぱ!掲載)

一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会が発行しているサービス提供責任者を応援するコミュニティ・ペーパー「へるぱ!vol.21」に、瑞穂区の取り組みが紹介されました。

高齢化が進む集合住宅で住民主体で支え合うしくみを構築した実践の紹介です。国立保健医療科学院統括研究官の筒井孝子氏からは、社会福祉協議会によるコミュニティワークの手法を用いた住民組織化活動や、地道なサポーター養成などが継続されており、いわば手堅い活動の実践が示されていると評価いただきました。
a0215710_16271830.jpg
地域包括ケアシステムの中核として、地域包括支援センターが機能するためには、多様な方向性を短期的・中期的・長期的に示していくことが、今後は特に求められています。「瑞穂区地域包括ケア推進計画」の策定を通じて、協議し、発信していきたいと考えています。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-22 17:00 | 報告