瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

<   2016年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

厳しい残暑が続いていますが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。
 瑞穂区東部・西部いきいき支援センターでは、高齢者を介護している方を応援する様々な取り組みを行っています。その中の一つに「オレンジカフェみずほ」があります。
 介護の悩みや大変さを気軽に話したり相談したり、同じ思いの人と交流する場として、また、いざ介護が必要になった時、知識を持つことで備えていただきたいという思いで開催をしています。
 今回は「ホリデー編」のご案内です。平日はお仕事でなかなかお時間が取れない方にも参加いただけるよう日曜日に開催しています。
 ご本人様と一緒の参加も歓迎しておりますので事前にご相談ください。また、地域の方や専門職の方のご参加もお待ちしております。
 詳しくはこちらのチラシをご覧ください。


[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-31 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)
 家族介護者支援「オレンジカフェみずほ」ナイト編
 平成28年度2回目を8月19日(金)に開催しました。

 家族介護者や施設の入居者の方、区内の介護専門職など協力者の方々合わせて26名の参加がありました。
a0215710_16313243.jpg


 今回は、ニチイケアセンター瑞穂のご協力を得て、開催しました。新聞折り込みチラシを見ていただいた方やオレンジカフェみずほ ナイト編の常連の方や介護職の方にもご参加いただきました。
 いつもデイで提供しているお食事を用意していただきました。

a0215710_1631679.jpg


 最初に施設の見学会をしていただき、レッドコートの体験もしていただきました。
 話題としては、介護の苦労話や、二人暮らしだったが、施設入所されたことで一人暮しとなり、自分の楽しみの持ち方や色々な方との交流が必要だという話が出ました。

 次回は 11月11日(金) 19:00から開催します。次回のチラシをご参照ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-25 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

 8月10日(水)居宅部会研修会が開催されました。

 名古屋市在宅医療・介護連携支援センターの石川様から、地域包括ケアシステムにおけるセンターの主な役割について説明がありました。

 情報システム「はち丸ネットワーク」の登録などが始まったばかりで、登録機関は少ないですが、これから広がっていけば、情報共有や相互サポートなど連携がよりスムーズになります。

 まだまだ問題点もありますが、まずは始めてみて、皆さまの声を聞きながら改善していきたいとのことです。

 「はち丸ネットワーク」の登録手続きも含め、在宅医療に関する不安や悩みがありましたらお気軽に「在宅医療・介護連携支援センター」へご相談ください。
 瑞穂区 在宅医療・介護連携支援センター  電話:052-837-0874 
           月~金曜 午前9時~午後5時(祝日・年末年始を除きます)
 


[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-24 12:00 | 報告 | Comments(0)
ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信9月号」を発行しました。

毎月、行われたサロンの報告や
次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください!!
詳しくはこちら
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-24 10:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
 認知症の予防や対応、地域で取り組めることなど、一緒に考えて見ませんか?「家族が認知症ではないか?」と心配されている方や、地域の方々も是非お越しください。

日 時:平成2896日(火)午後1:30330(受付:午後1:00~)

場 所:瑞穂文化小劇場(瑞穂区豊岡通3丁目29番地)

講 師:国立長寿医療研究センター もの忘れセンター

     副センター長 佐治直樹先生

定 員:先着350名(予約制)
皆さまのご参加をお待ちしております!詳しくはこちらのチラシをご参照ください。


[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-17 12:00 | 介護予防 | Comments(0)
 7月22日(金)に瑞穂福祉会館で開催されている認知症予防リーダー養成講座の1コマとして認知症サポーター養成講座を実施しました。認知症の症状や対応方法を一緒に学びました。参加者の皆さんは認知症に関心のある方々で大変、熱心に聞いてくださいました。「認知症の病気や対応方法を理解しても、実際に対応するのは難しい」という意見がありました。認知症サポーターは、特別な支援ができなくても認知症のことを理解して温かく見守ることが大切です。
 認知症について学びたいという方はぜひ、いきいき支援センターにご連絡ください。出張にて認知症サポーター養成講座を開催しています。寸劇を使った講座も開催しています。お気軽にお問い合わせください。
こちらのチラシをご参照ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-10 12:00 | 報告 | Comments(0)
 8月3日(水)に瑞穂区豊岡通にある喫茶店の和が家さんで「オレンジカフェみずほ」モーニング編を開催しました。
 地域の方や家族介護者、区内の介護専門職などの協力者の方々合わせて18名の方にご参加いただきました。
a0215710_1613717.jpg

 今回のプチ勉強会のテーマは「備えよ常に いのちつなげる 緊急キット」と題し、NPO法人すけっとファミリー理事長の加藤様からお話しいただきました。
 すけっとファミリーさんでは2013年に必要な情報を記入したシートをケースに入れ、冷蔵庫に保管し、救急時に駆けつけた救急隊や病院に必要な情報を的確に伝えるためのキットを作成されました。カフェの中では、実際に情報シートに緊急連絡先や現在のかかりつけの病院などについて書き込んでいただき、さっそく帰宅後、冷蔵庫に保管をしてもらうようにお願いをしました。
a0215710_1615681.jpg

 自宅で具合が悪くなり救急車を呼ぶ 「もしも・・・」のときの安全と安心を守る取り組みです。救急時(119番出動)に必要な情報を専用のカプセルの中に入れて家庭の冷蔵庫に保管し、万一の場合に備えられるといいですね。勉強会後の交流会でも、参加者同士話が弾み、賑やかな時間となりました。  
  次回は9月7日(水) 8時半から「正しい歩き方~ご自身の歩き方を見直してみませんか?~」と題し、ミック健康の森の方をお迎えして開催します。カフェに参加してほっと一息してみませんか?
a0215710_1624588.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-09 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

夏バテしていませんか?

 暑さのあまり身体がだるくて何もする気にならなかったり、食欲がなくなったり、夜も眠れずスッキリしなかったり、ということはありませんか?夏バテは夏の終わり、残暑の厳しい季節にやってきます。暑い夏を乗りきるために、日常生活で出来る対策の一部を簡単にご紹介します。

①生活リズムの対策
 朝日を浴びることで体内時計が調整されます。さらに、朝ごはんをしっかり食べると、身体が動く準備をしてくれます。
②しっかり睡眠の対策
 疲労は、睡眠中に回復されます。特に、22時~2時の間は、成長ホルモンなどの分泌が活発になります。その時間帯は、睡眠時間を十分に確保しましょう。
③冷房設定の対策
 温度差が大きい環境では、神経交感神経・副交感神経のバランスが壊れてしまいます。冷房の設定は、外気温との差が、5℃以下を目安としましょう。
④水分補給の対策
 水分補給は、のどが渇いたと感じた時には遅いです。塩分・ミネラルを含んだ飲み物をこまめに摂取しましょう。
⑤適度な運動の対策
 夏バテしない身体を作るには、軽い有酸素運動が効果的です。熱中症にならないように注意しましょう。

 夏バテ予防には、運動、睡眠、栄養のバランスが大切です。暑い夏を乗りきるために、日常生活で出来る対策をし、元気に秋を迎えましょう。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-08-03 12:00 | その他 | Comments(0)