瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家族教室のご案内

 瑞穂区東部いきいき支援センターでは、毎月第2木曜日に認知症家族教室を開催しています。
認知症の方を介護しているご家族は、いろいろと不安に感じたり悩んだりされることと思います。この教室では、認知症の知識を深め、介護者同士の交流を通して1人で悩まず、心にゆとりを持って介護できるようにお手伝いしています。
 家族教室では、毎回講師の先生をお招きしています。前回は、かにクリニックの可児先生にお越しいただき、認知症の種類や症状、対応方法などをお話していただきました。参加者の相談にも個々に対応していただきました。
 全部で5回構成になっていますが、途中からの参加も出来ますので、参加を希望される方は、事前に瑞穂区東部いきいき支援センターまでご連絡下さい。

<次回の案内>
  ・日時:6月9日(木)13時30分~15時30分
  ・場所:瑞穂区東部いきいき支援センター 1階研修室
  ・内容:第3回 介護体験を聞こう 
    ~認知症の人と家族の会の方からの体験談~
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-05-25 12:00 | 家族支援 | Comments(0)
 家族介護者支援「オレンジカフェみずほ」ナイト編
 平成28年度第1回目を平成28年5月13日(金)に開催しました。

 家族介護者や施設の入居者の方、区内の介護専門職などの協力者の方々合わせて30名の参加がありました。
a0215710_1775972.jpg


 今回は、ゆらら桜山のご協力を得て、開催しました。施設に入居されている方やオレンジカフェみずほ ナイトの常連の方、介護職の方にも参加いただきました。
 配食サービスでおなじみの、ニコニコキッチンにお食事を準備していただきました。
 ゆらら桜山での開催が2回目の為、職員の方もスムーズに準備や運営ができ、笑い声も良く出て、和気あいあいとした雰囲気で開催されました。
 話題としては、介護の苦労話や終活の話、昔はバナナがとても高くて手がとどなかかったので、今はよく食べているなど食事の話が出ました。
a0215710_1784177.jpg

 
次回は 8月19日(金) 19:00から開催します。次回のチラシを参照ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-05-20 17:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)
 いきいき支援センターでは、認知症サポーター養成講座を開催して地域に認知症の理解を広め、見守り体制づくりを目指しています。講座では、認知症の種類、病状など基本的な知識や対応方法を学びます。講義や寸劇を通してわかりやすくお伝えします。

 依頼があれば無料で出張にて講座を開催します。区内の地域住民の方、学生、商店や企業で働く方どなたでも受講いただくことができます。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはこちらをご参照ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-05-18 12:00 | 講座 | Comments(0)
 ケアマネ業務の中で、「家賃が払えない、親の介護で働けない、引きこもり生活で働いたことがない」など、様々な事情で生活が困窮しているケースに関わることもあるかと思います。
 今月は、「名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター~支援内容や具体的な活用方向~」と題して、名古屋市仕事・暮らし自立サポートセンター金山のセンター長(主任相談支援員)の平坂義則様にお話しをいただきました。
 センターができるまでの経緯、体制、事業など、ニュース映像をみたり、具体的な事例を通してお話しいだだきました。当日は、34名の参加があり、修了後のアンケートでは、「このようなセンターがあることを知って参考になった」「業務に役に立つ情報を知ることができた」など好評でした。

講義のポイントは以下のとおりです
・平成27年4月、生活困窮者自立支援制度がスタート。全国で支援が始まったが、名古屋
 市はモデル事業を経て平成27年8月から、名駅、金山、大曽根と3センターになった。
・相談できる対象は、地域で孤立している人、生活保護でない人、収入基準ないのでお金
 のある人もOK、年齢も問わない。
・制度により創設されているメニューが多数あるが、名古屋市は任意事業も全て実施して
 いる。
 (一部紹介)
〇自立相談支援事業⇒訪問支援、ワンストップ型の相談窓口、個別の支援計画作成
〇住居確保給付金の支給⇒就職活動を支えるための家賃費用を有期で給付
〇就労準備支援事業⇒就労に向けた日常・社会的自立のための訓練
 (挨拶できない、朝起きられない人、面接のトレーニング、会社やデイなど協力事業所で
  の簡単な作業など)
〇家計相談支援事業⇒家計再建に向けたきめ細かな相談、支援
・各センターはプロポーザルによってコンソーシアムで受託運営。各センターに複数の法人
 職員が勤務し、そ れぞれの法人の特色を生かして運営している。
a0215710_14135715.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-05-17 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
 「オレンジカフェみずほ」モーニング編を平成28年5月11日(水)に開催しました。

 地域の方や家族介護者、区内の介護専門職などの協力者の方々合わせて22名の参加がありました。

 今回のプチ勉強会のテーマは「お口とお腹の健康法?~ツボを押して、腸をキレイに~」と題し、さくらリバースの井上施設長様からお話しいただきました。
 ツボを押すことで滞った『気』と『血』の流れを整え、新陳代謝を促し、血中の毒素が押し流され、体は温まり、神経が刺激されて穏やかになります。その効果として、顔のリフトアップ・目が大きくなる・肌のつやが良くなる・化粧のノリが良くなる・風邪予防・冷え・むくみ・便秘解消……等が、期待できるとお話しいただきました。
  ・フェイスマッサージの方法
   ○口の周り 中指と薬指であごの下⇒口角の真下⇒鼻の下⇒口角の真横⇒顎の下
             の順にプッシュする
   ○小鼻     小鼻の横の溝に中指の腹を押し当てて、ゆっくりとなでる
   ○アゴ     人差し指、中指、薬指でアゴを挟んで、耳の下まで引き上げる
   ○目の周り  中指の腹で目尻から順に、目の周りをソフトになでる
   ・免疫力・代謝アップ、デトックスに効くツボ
     ○足三里⇒腸の調子を整えることが、アンチエイジングに効果的なツボ
          座った状態で膝小僧に指をかけて、薬指に当たるところ
 
a0215710_13135493.jpg
  
 説明を受けて、一緒にツボを押しながらマッサージの体験をしました。
 その後お灸の体験をしました。
 火を使用しましたが、熱くなく温かいなと思うくらいの温度でした。体調に問題がなかったり、逆に症状が強い場合、温かさを感じないこともあるそうです。
a0215710_13143115.jpg

 次回は 6月1日(水) 8時半から“補聴器を装用する事による予防と効果について”アンプリライブの方をお迎えして開催します。次回のチラシをご参照ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-05-16 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

ケアマネサロンのご案内

 今年度は年8回、ケアマネサロンを開催する予定にしております。ケアマネジャーの皆さまからケアマネサロン等の年間計画を知りたいとの要望が多くあり、4月20日発行の「さくら通信」に上半期の予定を掲載しました。日程や内容などは変更になる場合もあるので、毎月の「さくら通信」をご確認ください。「さくら通信」はいきいき支援センターのホームページにてご確認いただけます。
 また、年3回主任ケアマネ会議を開催いたします。今年度の内容は①事例検討会②名古屋大学病院 老年内科の早川先生のお話③介護プランを予定しております。それぞれを数ヶ所の居宅介護支援事業所の主任ケアマネ主体で企画をしていきます。
 ケアマネサロンの前には、事業所間で顔の見える関係をつくり、気軽に話せる場として活用いただきたくランチの時間も設けております。年5回、6、9、10、12、3月の12:30~13:30です。瑞穂区内の全居宅がそれぞれの月を担当します。
6月の担当は ・みずほ調剤センター薬局
          ・瑞穂区介護保険事業所
          ・瑞穂区ケアマネジメントセンター
          ・瑞穂介護センター
          ・なごやかハウス岳見
          ・あたたかい心
          ・マザーケアサービス    の7事業所です。よろしくお願いいたします。

 今年度最初のケアマネサロンでは、消防署・救急隊の方より緊急通報時に救急隊に伝える内容、延命措置、救急車の同乗について説明していただきました。後半は若年性認知症の会である「あゆみの会」より、近所に事実を知ってもらい支援を受けること、外出して楽しみを見つけること、家族のストレスをためないことなどのお話しがありました。
 次回のケアマネサロンは5月10日(火)です。ケアマネの皆さんご参加お待ちしております。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2016-05-11 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)