瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 今回は、「認知症の方への関わりについて学ぼう」というテーマで、名古屋市認知症介護指導者を講師にお招きしました。今回の講師は、認知症対応型通所介護サービスの管理者でもあるため、日々認知症状のある方と関わっています。教室の参加者の介護の状況などを確認しながら、講師の体験も織り交ぜて話を進められました。その中では、特に認知症の進行度合いで変化する症状に、介護するご家族の気の持ち方、悲しさ、辛さなどの心の葛藤を表出される場面もありました。認知症の介護に答えはありませんし、教科書通りにいかないのが現実です。このような同じ境遇の方たちとの交流には、体験した人でしか分かち合えないこともあるのではないでしょうか。教室は途中参加でも可能です。介護されている方の参加をお待ちしています。 

(家族支援事業パンフレット参照)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-30 00:00 | 家族支援 | Comments(0)
お祭りのお知らせです!!

平成26年8月2日(土)に瑞穂区民まつりが開催されます。
瑞穂公園レクリエーション広場にて
27個のブースが集いお祭りを行います。

【福祉でまちづくりワークショップ】という内容で
私たち、いきいき支援センターも参加します。

暑い中だとは思いますが
熱中症対策をしっかり行いぜひお越しください。
a0215710_1144957.jpg

地図はこちら

[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-25 17:00 | その他 | Comments(0)
毎月、瑞穂区の東部・西部会場で「認知症の方の家族サロン」を開催しています。
今回は7月2日(水)に行われた東部会場の家族サロンについてご紹介します。新しい方
1名含めた8名の参加者と、1名の職員で開催しました。
 サロンでは、毎回近況を順番にお話ししていただきながら、参加者の中から自然と質問が上がり、経験のある参加者や、時には職員も疑問に答える形でお話しに参加させていただきます。最近は老々介護と呼ばれる、高齢夫婦での介護や、高齢の親を高齢の子供が介護しているという方が多くいらっしゃいます。参加者にも高齢の方が多く、介護者ご自身の介護予防や、認知症予防についても話題に上がります。もちろん若い介護者の方も参加されており、皆さん心の負担や、その負担からくる体調不良については共感できることが多いようです。介護者である皆さん自身の健康を大切にしなければ、いつまで続くか分からない介護を乗り切ることが出来ません。皆さん自分の健康については後回しになりがちですが、サロンでは健康管理についての話題もよく聞かれます。家族サロンが自分自身の事にも向き合えるいい機会になれば嬉しいです。

次回は、東部会場:8月6日(水)、西部会場:8月14日(木)各会場ともに13:30~15:30です。ぜひ、お越しください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-23 00:00 | 家族支援 | Comments(0)
ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信8月号」を発行しました。

毎月、行われたサロンの報告や
次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください!!

詳しくは、こちら
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-22 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
平成26年7月9日(水) 瑞穂区介護保険事業者連絡会居宅部会として
「ワールドカフェ方式」を用いた研修会を
市立大学病院 緩和ケア部 坂本先生を講師にお招きし行いました。
a0215710_1827160.jpg

上の写真のように『カフェ』のようなリラックスした場を設定し
テーマに沿った会話を行います。

それぞれのテーブルの模造紙に自由にメモを書きながら、30分程度の話し合いを
メンバーを変えながら2度行いテーブルマスターが発表し内容の共有を行いました。

今回は「ケアマネジャーとは?」について話し合い
ケアマネ業務の課題ややりがい・悩み
より良い支援に向けての姿勢など活発な意見や思いが出て盛況に終わりました。

参加してくださった40名のみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-18 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
 平成26年6月30日(月)午後1時~4時に開催された瑞穂福祉会館「健康まつり」に
東部・西部いきいき支援センター保健師も参加させていただきました。
 当日は約250名の方が来館され大変、盛況で皆さんの健康に対する意識の高さを感じました。「ミニ体力測定コーナー」では日頃の運動不足を感じた方も多かった様子で大きな笑い声があがっていました。
 また瑞穂保健所による「骨密度測定」「歯科相談」「栄養相談」へ立ち寄られる方も多く、健康状態を見直す良い機会になったと思います。
a0215710_1161535.jpg

 いきいき支援センターは「介護予防相談コーナー」と集会室での「ロコモ予防のお話」を担当し約60名の方に立ち寄っていただきました。相談コーナーでは「基本チェックリスト」に答えていただき、それをもとに個別相談を実施しました。
 「基本チェックリスト」は25項目の質問事項で構成されており「自己の判断で直観的に」答えていただくものです。「日常生活の状況」「足腰の状況」「お口の状況」「栄養状況」「閉じこもり」「物忘れ」「うつ状況」の項目に分かれており、介護予防が必要な部分はどこにあるのかが判るようになっています。年に1、2度、チェックリストで確認し、ちょっとした変化に気づいていただけたらと思います。
 なお、名古屋市では65歳以上の方でチェックリストに該当する方を「二次予防事業対象者」と呼ばせていただき、「介護予防事業」への参加をお勧めしています。ご興味のある方は一度、いきいき支援センターへご相談ください。

ぜひ1度お試しください  チェックリスト


a0215710_1162837.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-16 00:00 | 介護予防 | Comments(0)
月に1回行われているケアマネジメント支援事業の年間予定表に
変更がありましたのでお知らせいたします。

変更後の年間予定表は、こちら(瑞穂区いきいき支援センターHP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-14 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
 6月17日に瑞穂区事業者連絡会居宅部会(居宅部会)の幹事会があり、
次回7月9日(水)の居宅部会についてお知らせがありました。皆様すでに居宅部会からのメール等でご存知の事とは思いますが、改めてお知らせさせていただきます。ぜひご参加ください。
〈 第一回研修会 〉
「ワールドカフェ方式」を用いての意見交換。
日  時:平成26年7月9日(水)13:00-15:00
場  所:瑞穂区在宅サービスセンター1階 研修室
講  師:名古屋市立大学病院緩和ケア部  坂本 宣弘 准教授
対象者:瑞穂区内居宅介護支援事業所
参加方法:事前申し込みです
 テーマは「ケアマネジャーとは」です。他者の話に耳を傾け、テーマについて自由に発言することで、思考の枠組みや既存のメンタルモデルを超えて新たな見方や捉え方を体験します。
  担当居宅:オレンジ居宅介護支援事業所 稲熊 様  [出欠はメールでお願いします]

チラシでも紹介しています。  さくら通信6月20日発行
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-07 09:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン「けあZine」に、瑞穂区地域包括ケア推進計画作業部会委員で、名古屋市認知症介護指導者の皆本昌尚氏の連載が始まりました。

こちら(けあZine HP)

皆本氏には、地域包括ケア推進計画の策定過程やその中でも、家族介護者を支える仕組み作りについて執筆いただいています。ぜひ、ご覧ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-04 19:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)
瑞穂区西部・東部いきいき支援センターでは
各センターにて毎月一回「家族教室」を開催しております。

六月の介護教室は
『介護体験を聞こう』をテーマに、
「公益社団法人認知症の人と家族の会愛知支部」の方を講師にお招きし、
認知症介護の実体験をお聞きしました。
その後講師の方を囲み、
参加者のそれぞれのお話を聞いていただきました。

介護する方の抱える悩みは一人ひとり異なりますが、
安心して介護のことをお話することができる場はとても大切です。
「介護教室」がそんな場の一つとなれば幸いです。

瑞穂区西部・東部いきいき支援センターでは「家族教室」の他、
「家族サロン」「もの忘れ相談医の専門相談」を定期的に開催しております。

現在認知症介護中の方へ「家族教室」
既に認知症介護を乗り越えた経験がおありの方へ「家族サロン」
認知症の相談なら「もの忘れ相談医の専門相談」

ぜひ瑞穂区西部・東部いきいき支援センター
お問い合わせ、お申込み下さい。

a0215710_14235911.gif

[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-07-02 00:00 | 家族支援 | Comments(0)