瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

平成26年6月30日(月)に瑞穂福祉会館で健康まつりが開催されます。

前回よりもパワーアップした規模で開催するとのことです。
今までの健康相談・手芸コーナーに加え
話題のロコモ予防体操やミニ体力測定もできます。

たくさんブースを訪れた方には粗品があるそうですよ!!

事前予約不要なので、ぜひ参加してみてください。
楽しく健康づくりをしませんか??
a0215710_13481623.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-27 17:00 | その他 | Comments(0)
家に閉じこもらないように、身近な場所に気軽に出かけて近所の人たちやボランティアの方と一緒に楽しい時間を過ごしてふれあえる場。

それが・・・

「ふれあい・いきいきサロン」です。
a0215710_15312655.jpg


 瑞穂区には社会福祉協議会が支援するサロンが47か所(25年度末現在)あり、
高齢者対象のサロンも数多くあります。

「外出する機会がなく自宅に閉じこもりがちだなあ」、
「他の人とおしゃべりをする機会が少ないなあ」
と思われる方、
仲間づくりや生きがいづくりにサロンへ行ってみませんか?

 ご自宅近くのどこにサロンがあるか知りたい方など、
お問い合わせは 瑞穂区社会福祉協議会(電話841-4063)へご連絡ください!

ふれあい・いきいきサロンについてはこちら(瑞穂区社会福祉協議会HP)
a0215710_15314955.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-25 00:00 | 社協 | Comments(0)
ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信7月号」を発行しました。

毎月、次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください。

詳しくは、こちら(いきいきHP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-24 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
平成25年度名古屋市介護サービス事業者自己評価・ユーザー評価事業の実施結果が公表されました。介護サービス事業者の選定時にご活用ください。

なお、結果を見る方法は、ホームページからご覧いただくか、区役所・いきいき支援センターに配架しています市民閲覧用ファイルをご覧ください。

実施結果は、こちら(NAGOYAかいごネットHP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-23 12:00 | その他 | Comments(0)
 この度、いきいき支援センターでは、ケアマネジャー向けに、「相談シート(瑞穂区版)」
を作成いたしました。
 いきいき支援センターに、相談や報告をしていただく際にご活用ください。
 いきいき支援センターでは、事例検討会の事例提出用としても活用していく予定です。
各事業所内でも適宜ご活用ください。
 下段に「地域課題」という項目を設けましたが、記入は必須ではありません。
地域で同じような課題があると気付いた時・地域でこんなサービスやしくみが必要だと思った時など、自由にご記入いただきたいと考えています。
a0215710_1326294.jpg

[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-18 00:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
今回のケアマネサロンでは「個別ケア会議」(事例検討会)を開催し、
32名のケアマネさんにご参加いただきました。

5グループに分かれていただき、それぞれに主任ケアマネが入り、司会進行を行いました。

事例の問題点・解決策について話し合い、各グループが発表しました。
a0215710_9464040.jpg

一歩進んで、必要な資源について話し合ったグループもあり
それが今後の地域の課題、地域づくり・資源開発につながることを確認しました。

事例検討会の開催は定期的に必要だという感想を多くいただきました。

いきいき支援センターでは、個別ケア会議の開催を重ね
今後のエリア別・テーマ別の地域ケア会議に繋げていきたいと考えております。

「地域の課題」について少し意識して、今後行う会議に参加していただければと思います。

ご協力いただいた主任ケアマネの皆様・参加者の皆様ありがとうございました。

次回予定は7月9日です。ご参加をお待ちしております!!
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-16 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
名古屋市社会福祉協議会では、「いきいき支援センター(地域包括支援センター)嘱託員」を募集しています。職種は、主任介護支援専門員、保健師または地域ケア等の経験を有する看護師です。

現在、高齢者福祉の要として様々な場面で「地域包括支援センター」(名古屋市では「いきいき支援センター」と呼んでいます)が取り上げられ、我々もナゴヤの地域包括ケア推進のために、やりがいをもって仕事しています。あなたもその一員になりませんか?「いきいき支援センターはどんな仕事をしているの?」など、瑞穂区東部・西部いきいき支援センターに気軽にご連絡ください。(同僚になるかもしれない?)現場の職員が丁寧にお答えします!

採用試験は随時行いますので、申込書等をご提出ください。

詳しい要項・申込書は、こちら(名古屋市社協HP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-13 17:00 | 職員採用 | Comments(0)
平成26年6月6日(金)名古屋市公館1階レセプションホールで開催された「平成26年度第1回名古屋市在宅医療・介護連携推進会議」に出席しました。

本会議は、在宅医療と介護の連携を推進することを目的に、名古屋市医師会が設置したもので、主な協議内容は、
①在宅医療・介護の連携に関するルールづくりに関すること
②ICT(情報通信技術)を活用した情報共有ツールづくりに関すること
③その他、在宅医療・介護の連携の推進に関すること
となっています。

第1回は、ICTを活用した情報共有ツールの課題の整理、在宅医療モデル・在宅医療支援システムの共有でした。今後は、名古屋市在宅医療・介護連携推進事業(名古屋市医師会)の中村区、愛知県在宅医療連携拠点推進事業の東区、昭和区、南区、そして名市大を中心とした「なごやかモデル」の緑区鳴子団地の実践を通じて、名古屋市モデルを作成することとなります。

本会議の資料は、こちら(NAGOYAかいごネット)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-13 12:00 | 医療介護連携 | Comments(1)
認知症の方のひとり歩き(徘徊)について
中部日本放送(CBC)さんより取材をお受けしました。
そして、平成26年6月6日(金)夕方、イッポウの特集にて放送されました。

ひとり歩きをされる1人の女性にスポットを当て
認知症の方を地域で理解し、支えるという内容です。

家族介護者・専門職とともに作成し、介護されている家族の工夫やアイデアも詰まった
「ひとり歩きさぽーとBOOK」について取り上げられました。
a0215710_1622160.jpg


テレビ放送などのメディアを通して、認知症の方が住み慣れたまちで暮らし続けることへの理解と地域の方や社会全体に支え合いの輪が広がることを願っています。

「ひとり歩きさぽーとBOOK」 : 詳しくは、こちら(いきいきHP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-12 12:00 | ひとり歩き | Comments(0)
高齢者の方も
「気軽に安心して参加できる」「継続的に運動できる」
そんな場所を瑞穂区内で探し随時、紹介していきたいと思っています。
今回は第一弾として

「名古屋市瑞穂公園トレーニング室」
(HPへはこちらをクリック)
を訪ねてきました。

「運動したいけど、1人ではなかなか始められない」
「初めてだから自信がない」
そんな方に是非、お勧めです!

トレーニング室は瑞穂運動場プールの上、2階にあります。
専任の指導員2名が常駐。
個人にあった運動プログラムを組んで頂けるので初心者にも安心です。
(心臓病・高血圧・糖尿病などの既往がある方は主治医の先生と相談して初めて頂くことをお勧めします)

名古屋市在住の65歳以上の方は
敬老手帳、運転免許証などの提示により高齢者料金になります。(1回100円)
慣れてきたら回数券・定期券を購入しては如何でしょう。       
是非、一度、足を運んで見てください。


「名古屋市瑞穂公園トレーニング室」(HPへはこちらをクリック)
★住所:瑞穂区萩山町3-68-1
★電話:052-836-8210


明るい窓際にズラリと並んだエルゴメーター
a0215710_1571348.jpg


腹筋や背筋を鍛える器具など・・・
a0215710_1574754.jpg


種類や数も充実。
a0215710_1581355.jpg


血圧計や体脂肪計など自分の健康状態をチェックできます。
a0215710_1582940.jpg

「名古屋市瑞穂公園トレーニング室」(HPへはこちらをクリック)
★住所:瑞穂区萩山町3-68-1
★電話:052-836-8210
[PR]
by mizuhoikiiki | 2014-06-11 00:00 | 介護予防 | Comments(0)