瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

社会的孤立から新たなつながりづくりを目指して、平成26年度からの5か年の「瑞穂区地域包括ケア推進計画」を策定するため、第4回作業部会を平成25年9月26日(木)に開催しました。

地域住民(民生委員・家族介護者など)、福祉・医療・保健の関係機関・専門職である作業部会委員29名、事務局(瑞穂区東部・西部いきいき支援センター)8名の合計37名の出席でした。

第3回までの議論を事務局で整理し、
①孤立死防止(緊急対応)の仕組みづくり…「孤立死防止」チーム
②介護者・地域住民・専門職などが交流・協議する場づくり…「家族介護者支援」チーム
③認知症への理解者のすそ野を広げる…「認知症ケア体制」チーム
について、3つのプロジェクトチームで議論しました。
a0215710_9221031.jpg
チームの議論のほか、区社協地域福祉活動計画との関連性の高いもの(閉じこもり予防の場)、全体で協議した方がいいもの(担い手養成、情報発信)については、今後の課題としました。

次回もチーム会議で議論を深める予定です。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-30 17:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)
若年性認知症に関する相談や、若年性認知症を正しく理解していただくための取り組みを行っていきます。現在ご案内中の事業は下記のとおりです。

★本人・家族交流会
 日ごろの介護に関する悩みを話したり、情報交換を行うなど、本人・家族同士が交流できる場です。10月20日(日)~月1回開催です。受付は9月30日(月)まで。交流会運営等のサポーターも併せて募集しています。

★若年性認知症に関する講演会
 日時:平成25年10月27日(日)13:30~15:30(開場12:30)
 場所:千種区役所講堂
 講師:藤本直規 氏(藤本クリニック院長)
 定員:350名(事前申込不要、当日先着順)

問合せ先:千種区西部いきいき支援センター TEL 052-763-1552
(10月からは「名古屋市認知症相談支援センター」となります)

上記の詳しい内容は、こちら(名古屋市社協HP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-24 12:00 | 相談窓口 | Comments(0)
センターでは、認知症の方を介護されているご家族を対象に3つの事業を実施しています。

【認知症家族教室】東部:第2木曜日、西部:第3木曜日
 教室は、講義と交流会の2部構成になっています。講義では、認知症の専門医、介護施設等の専門職員や家族会の方を講師に迎え、認知症の知識について学びます。交流会は、同じ介護者である参加者同士が介護の悩みや愚痴を話しあう場です。

【家族サロン】東部:第1水曜日、西部:第2木曜日
 サロンは、実際に介護している方や介護経験のある方が集まり、介護情報の交換を行ったり、介護の悩みや愚痴など気軽に自由に話す交流の場です。

【もの忘れ専門医による専門相談】東部:第2水曜日、西部:第4水曜日
 認知症の研修を修了した医師が個別相談に応じます。認知症の症状、対応方法や治療について気軽に相談できる場です。

介護者の皆さんが一人で抱え込まず、心にゆとりを持った自分なりの介護ができるように、いきいき支援センターは支援しています。お気軽にご相談いただきお申し込みください。
認知症家族支援事業の詳しい日程・内容は、こちら(日程は2,3ページ目)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-20 17:00 | 家族支援 | Comments(0)
平成25年9月10日、ケアマネサロンを開催しました。今月は、事例検討会の前の段階である「事例紹介」に視点を当てました。

当日は2つのグループに分かれ、事例提供者から事例を紹介いただき、その後参加メンバーがおのおの似たような事例を発表し意見交換を行いました。

1つ目の事例は、本人と主介護者の意向に違いがあるため、ケアマネとしてどう関わったらよいか迷ったケース。2つ目の事例は、ひとり暮らしの方で、現在は何とか生活しているが、今後のためにどのような体制をとればよいかというケース。
a0215710_1853586.jpg
ケアマネジメントを行う時、同じケースはありません。しかしながら、地域性や家族構成、経済状況、生活歴などから共通する課題も見えてくるかと思います。様々なケースとその支援の事例を多く知ることにより、支援の幅が広がるかと思います。今後も、瑞穂区東部・西部いきいき支援センターは、様々なスタイルの趣向を凝らした事例検討会を、地域のケアマネジャーの皆さまと一緒に開催したいと思います。

最後に、今回事例をご提供いただいた「ゆうらいふ瑞穂居宅介護支援事業所」、「瑞穂区介護保険事業所」の皆様、ありがとうございました。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-19 17:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
区役所職員を名乗る男性2名が「あんしん電話」を取り付けに来たと近隣区の高齢者宅を訪問。1人が見積りをとると言って話している隙に、もう1人に通帳と銀行カードを盗まれてしまう盗難事件が発生しました。ご注意ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-18 17:00 | 消費者被害 | Comments(0)
瑞穂区社会福祉協議会、名古屋女子大学、瑞穂生涯学習センターの共催で、「充実した高年人生を楽しむ~地域や社会とのつながりの中で~」と題した講座を平成25年11月から5回シリーズで開催されます。

日時・内容・申込方法等は、こちら(名古屋女子大学HP)

最終回の12月17日(火)14:40~16:10では、「社会的孤立から新たなつながりづくりをめざして~高齢者等の見守り・支えあい活動と権利擁護」と題した内容で、いきいき支援センター(社会福祉協議会)が担当します。ぜひ、ご参加ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-11 17:00 | 講座 | Comments(0)
高齢者の孤立防止のために、いきいき支援センターでは「高齢者の見守り支援事業」を実施しています。孤立しがちな高齢者への見守り支援員による個別訪問・面接相談やボランティアによる「見守り電話(いきいきコール)」による電話訪問です。

お近くにご心配の方がいましたら、いきいき支援センターにご連絡ください。

こちら(広報なごや:平成25年9月号瑞穂区版)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-10 17:00 | 見守り支援 | Comments(0)
名古屋市では、大学と連携し、科学的根拠を重視した楽しく継続できる健康づくりに関する講座「なごや健康カレッジ」事業を実施しています。現在、各講座の参加者を募集していますので、ご覧いただき、ぜひご参加ください。

詳しくは、こちら(名古屋市HP)

瑞穂区では、名古屋女子大学で「めざせ、燃えるからだ メタボリックをやっつけろ」が10月10日(木)から6回シリーズで開講されます。締切は、平成25年9月20日(金)となっています。

詳しくは、こちら(瑞穂区役所HP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-09 17:00 | 介護予防 | Comments(0)
平成25年8月28日(水)、「瑞穂区認知症のつどい~ひとり歩きサポート編~」を開催しました。このつどいには、認知症の方を介護しているご家族、認知症サポーター(地域住民)、ケアマネジャーなどの専門職の計39名の方にご出席いただきました。内容は、認知症の周辺症状である「ひとり歩き(徘徊)」をテーマに「警察官のお話」、「ディスカッション」、「役立つグッズの紹介」という3部構成で実施しました。

警察官のお話では、ひとり歩きの保護の対応方法や警察の役割についてわかりやすく説明いただきました。家族が行方不明になったときは、早めに警察(110番または地元の警察署へ)に相談するようお話しいただきました。

「ひとり歩きの対応について」と題したディスカッションでは、家族介護者の宮田さんの実体験をもとに、堀田デイサービスセンターの数野ケアマネジャー、瑞穂警察署生活安全課鈴木さんと意見交換しました。家族や介護サービスだけでは、対応しきれない部分が多く、ご近所から地域のささえあいが重要であることを話し合いました。
a0215710_1158393.jpg
ひとり歩きに役立つサービス・グッズの紹介では、GPS機能の付いた携帯電話や、徘徊探知機、離床センサー、特殊な時計や電話などの認知症やひとり歩きの症状に役立つ商品を実際に体験して学びました。ご協力いただいた企業・関係機関の皆様ありがとうございました。
【協力企業・機関:サービス内容】
 ・つばめ自動車株式会社 様:あんしんネットワーク「みつけたくん」(シルバー・こどもSOSサービス)
 ・ソフトバンクテレコム株式会社 様:「みまもりケータイ」
 ・KDDI株式会社au 様:「mamorino」
 ・なごや福祉用具プラザ 様:徘徊探知機、離床センサーなど
a0215710_11593243.jpg
参加された家族介護者から、「家族だけでひとり歩きを対応していくのは困難なので、多方面から支援してもらえると安心します」という声があったように、介護サービスや便利グッズ、地域の力など様々な方法で認知症の方やご家族をささえあうことが大切です。

また、今回は、家族介護者の方が少しでも参加しやすいようにと、認知症ご本人も参加できるプログラムとして、「回想法ルーム」を開設しました。運営には、名古屋市南部回想法センター(笠寺福祉会館)の職員さんとボランティアさん、堀田デイサービスセンターさん、そして認知症サポーターさんにご協力いただき、4名の方に参加いただきました。昔懐かしいレコードをかけ、楽しく過ごしていただきました。
a0215710_11595310.jpg
いきいき支援センターでは、今後も認知症の支援、ひとり歩きの支援の普及啓発に努めていきたいと思います。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-06 12:00 | 家族支援 | Comments(0)
瑞穂区在住の高齢者を対象に、「警察署員」をかたり、振り込め詐欺を狙う電話が入る事案が頻発しています。「警察」以外の官公庁職員を語ることもありますので注意して下さい!

お金の譲渡に関わる電話があった際には、絶対に1人で判断せず、家族や警察にまず相談しましょう!
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-09-04 09:00 | 消費者被害 | Comments(0)