瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

瑞穂保健所で開催している「若返り教室」をご紹介します。
7月30日の横川先生より、年齢を重ねた方は、「キョウヨウ」と「キョウイク」が大事とのお話しがありました。
「教養」と「教育」ではなく、「今日用」と「今日行」だそうで、小さなことでも見つけて外出する。日々目的をもって活動的に生きていくことが大切とのことでした。

今回の教室のテーマは「筋肉」でした。
筋肉の働きは、①力の源、②体温調節、③循環、④関節の固定ですが、筋肉を鍛えるためには、まず筋肉をほぐした上で、筋力をつける運動が大切です。
a0215710_9311264.jpg
今回は①ふくらはぎ、②ふともも、③大腰筋を鍛える運動を椅子を利用して、2人で行う方法と1人で行う方法をご指導いただきました。スクワットは椅子を利用すると下肢の負担が少なくなることもわかりました。
a0215710_9314153.jpg
教室の参加が3回目の方には、「はちまるグッズ」のプレゼントもあり、楽しめる特典もたくさんあります。

ご興味のある方は、ご相談ください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-30 17:00 | 介護予防 | Comments(0)
瑞穂保健所で開催している「高齢期ハッピー栄養相談室」をご紹介します。この栄養教室は、高齢期の方々が自ら食生活に関心を持ち、低栄養にならないような工夫ができるように、という目的で行われています。年2回開催され、1回のコースが7日間となっています。
a0215710_102145.jpg
平成25年7月4日は、2日目の教室を見学させていただきました。参加者は男女合わせて8名いらっしゃり、皆さん和やかに、和気あいあいと話をしていました。参加者の方達1人1人が、自分の1日の食事を書き出し、主食・主菜・副菜・間食・調味料に分けて、主食は黄色、主菜は赤色、副菜は緑色・・・というように、それぞれシール貼りをしていきました。量によっては1枚のシールを2分の1、4分の1に切らなくてはならず、皆さん苦戦して貼られていました。
a0215710_1023727.jpg
完成した表を見て、参加者の皆さんは「赤(主菜)が意外と少ないね。」「もっと魚を食べないといけないなぁ。」「油をちょっと摂りすぎだなぁ・・・。」などと感想を持たれ、自分の食生活を改めて見直すきっかけとなったようでした。

保健所管理栄養士さんからは、
・主食・主菜・副菜をバランス良く摂ることが大事。
・副菜を摂ることで消化がゆっくりになり満腹感が増す。
・良いと思って同じ物ばかり食べていても栄養は偏ってしまう。
・サプリメントも色々な成分が入っているので組み合わせによっては危険。
・高齢になるとどうしても量が食べられなくなってくるので、間食も大事(今まで頑張ってきたのだから、自分へのごほうび!)
という話をされ、参加者の皆さんもうなずきながら、しっかりと聞いていらっしゃいました。

そして最後に、お皿に盛られたフルーツを、1日分ということで、皆で試食をしました。毎回楽しみな試食もあるそうです!
a0215710_1621785.jpg
現在、10月から開始する2回目のコースの参加者を募集しており、瑞穂保健所・いきいき支援センター両方で申し込みを受け付けています。いつまでも健康でいるために、おいしく食べるために、食事・栄養について関心を持つことはとても大切です。栄養教室に参加し、知識を高めましょう!
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-29 17:00 | 介護予防 | Comments(0)
瑞穂区東部・西部いきいき支援センターでは、毎月1回以上、各種講座・イベント案内、ボランティア・消費者被害・認知症・センター事業などの情報をメールマガジンで配信しています。そのメルマガ会員を愛称「ご近所ささえたい」として募集しています。

地域の皆様に少しでも役立つ情報をお届けし、ご近所で支いあえる関係づくりを目指していきたいと思います。ぜひ、ご登録ください。

登録方法などの説明は、こちら
登録規約は、こちら
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-28 17:00 | その他 | Comments(0)
平成25年8月24日(土)、瑞穂区社会福祉協議会主催、ふれ愛納涼まつり実行委員会の企画・運営で「2013ふれ愛納涼まつり」が開催されました。「ひとりひとりが主人公~おとなも子どもも わたしもあなたも~」のテーマのもと、障がい関係団体、地域各種団体、学生などの協力を得て、模擬店、ステージ発表、福祉体験、盆踊り、花火と大変盛り上がりました。ご協力いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
a0215710_15423964.jpg
(↑来賓者、主催者、中央は瑞穂区のマスコットキャラクター「みずほっぺ」)

いきいき支援センターでは、啓発用ウエットティッシュのほか、認知症、介護などのパンフレット配布を行いました。
a0215710_15425265.jpg
(↑当日参加したいきいき支援センターの職員)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-27 17:00 | 報告 | Comments(0)
新聞の訪問販売による長期の契約では、介護、入院などの理由で購読を続けられなくなる可能性がありますが、解約を申し出たとき、景品の代金や違約金を請求されるケースがあります。長期契約には十分にお気をつけいただき、高額な景品はトラブルの元になりやすいため、受け取らないようにしましょう。

詳しくは、こちら(国民生活センターHP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-26 17:00 | 消費者被害 | Comments(0)
一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会が発行しているサービス提供責任者を応援するコミュニティ・ペーパー「へるぱ!vol.21」に、瑞穂区の取り組みが紹介されました。

高齢化が進む集合住宅で住民主体で支え合うしくみを構築した実践の紹介です。国立保健医療科学院統括研究官の筒井孝子氏からは、社会福祉協議会によるコミュニティワークの手法を用いた住民組織化活動や、地道なサポーター養成などが継続されており、いわば手堅い活動の実践が示されていると評価いただきました。
a0215710_16271830.jpg
地域包括ケアシステムの中核として、地域包括支援センターが機能するためには、多様な方向性を短期的・中期的・長期的に示していくことが、今後は特に求められています。「瑞穂区地域包括ケア推進計画」の策定を通じて、協議し、発信していきたいと考えています。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-22 17:00 | 報告 | Comments(0)
ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい「ケアマネさくら通信9月号」を発行しました。毎月、次月の「ケアマネサロン・研修」「医療支援事業」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所にはすでにご案内をさせていただいております。瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください。

詳しくは、こちら
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-21 17:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
名古屋市社会福祉協議会では、「いきいき支援センター嘱託員」を募集しています。職種は、社会福祉士、主任介護支援専門員、保健師または地域ケア等の経験を有する看護師です。

採用試験を平成25年9月18日(水)に行うにあたり、9月13日(金)までに(消印有効)お申込みください。

詳しい要項・申込書は、こちら(名古屋市社協HP)
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-21 12:00 | 職員採用 | Comments(0)
「かしこく防ごう!認知症」と題して、瑞穂保健所主催の認知症講演会が開催されます。ぜひ、ご参加ください。

日時:平成25年9月6日(金)13:30~15:30
場所:瑞穂区役所2階講堂
内容:講演「認知症を正しく知ろう!」
      ~予防や治療、家族や地域の方の接し方~
   講師:医療法人さわらび会福祉村病院 副院長 伊苅弘之先生
定員:100名
申込:前日までに電話またはFAX
   瑞穂保健所保健予防課保険看護担当 TEL 837-3271 FAX 837-3291

いきいき支援センターや認知症に関する情報を当日会場でご案内いたします。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-20 17:00 | 講座 | Comments(0)
平成25年8月6日、瑞穂区介護保険事業者連絡会居宅部会が開催されました。今回のテーマは、平成25年4月1日より法律の名称が変更となった「障害者総合支援法」についてです。瑞穂区役所福祉課職員さんよりお話しをいただきました。

【主な内容】
・障害のサービスの利用にあたっては、手帳があるだけでは利用できません。申請を行って、受給者証の発行が必要です。
・介護保険と同様に認定調査を受ける必要があります。(108項目⇒改正後80項目変更予定)
・それと医師の意見書に基づき、審査会で審査・判定を受けます。
・その結果、介護保険の要介護度の様に区分認定されます。
・上乗せサービスを利用する場合は、計画書の1~3表と利用票と別表の提出が必要です。(その際に区分限度基準を超える単位を記載した上での提出が必要)
・区役所でサービスの意向、介護状況等を確認して、審査内容や区分と基準を踏まえて、サービスの内容と支給期間が決定されます。
・障害と介護保険の併用をされている方でもケアマネジャーは1名です。
・障害サービスを利用されている方は65歳の前日に要介護認定申請を行う必要があります。その結果が非該当になれば、継続して障害サービスの利用となりますが、他の結果であれば介護保険優先になります。
・介護保険にないサービスについては(同行援護等)利用ができます。
・難病対象の方の相談窓口は、身体障害者手帳を持っている人は福祉課で、持っていない方は保健所となります。

介護保険事業者連絡会には、瑞穂区東部いきいき支援センターが役員として協力いたします。
今後の居宅部会は、
平成25年11月12日(火)10:00~12:00「薬について」
平成26年3月11日(火)10:00~12:00「メンタルヘルスについて」
を予定しています。ケアマネジャーの皆様、ご予定ください。

なお、連絡会に未加入の事業所様につきましては、規約・入会申込書をダウンロードできますので、こちら(いきいき支援センターHP)をご覧ください。

今後の居宅部会のご案内は、役員よりメールでお知らせすることとなります。ご承知おきください。
[PR]
by mizuhoikiiki | 2013-08-16 17:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)