瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

ひとり歩きを地域で見守り・支える

瑞穂区役所の講堂にて開催された「みずほ介護フェスタ‘14」において12日、瑞穂区介護保険事業者連絡会居宅部会の一般公開講座として「ひとり歩きを地域で見守り・支える」と題し、第一部では瑞穂警察署生活安全課の元田秀策氏にお話しいただきました。

認知症の方などの行方が分からなくなった時のポイントとして以下の事を教えていただきました。

☆行方が分からなくなった時は、時間がたつにつれ、行動範囲が広がり
 探しづらくなります。躊躇せず早い段階で110番に連絡してください。

☆捜査に大きなヒントとして性別、年齢、服装、持ち物、髪型などの外見の特徴といった
 情報があると発見に役立ちます。最近の写真があるとより具体的でわかりやすいです。
  (衣類や持ち物の裏側に名前や連絡先を付けておきましょう)

☆日頃から、認知症の症状などを近所の人や知人、立ち寄りそうな場所(スーパー、
  コンビニ、喫茶店)に知ってもらい協力をお願いしましょう。

a0215710_11161741.jpg

a0215710_11163010.jpg

第二部では、「瑞穂区での取り組み~私たちに出来ること」について、コーディネーターにケアプラン大喜の平岡氏、登壇者に前出の瑞穂警察署生活安全課元田氏、堀田デイサービスセンター斉藤氏、瑞穂区介護保険事業者連絡会居宅部会長後藤氏、瑞穂区東部いきいき支援センター西川氏によるトークセッションが行われました。

「はいかい高齢者おかえり支援事業」の説明や、認知症の方の不安な気持ちの理解、接し方などをお話しいただきました。

次回の、瑞穂区介護保険事業者連絡会居宅部会 研修会は、2月17日(火)です。
[PR]
Commented by さいとうきみたか at 2014-12-04 08:05 x
たかはしさん、おはようございます。ブログに載せてくれてありがとうございます。
Commented by mizuhoikiiki at 2014-12-09 09:31
一人でも多くの方にその場限りの成果にせず、共有したいと思っています。イベントは事前・当日も大事ですが、事後にどうつなげるのかが重要ですよね。
こちらこそありがとうございました!!
by mizuhoikiiki | 2014-11-28 12:00 | 報告 | Comments(2)