瑞穂区東部・西部いきいき支援センターのできごとや紹介をしたいと思います。


by mizuhoikiiki

 いきいき支援センターでは、認知症の方を介護しているご家族を対象として、家族支援事業を行っています。平成29年度前期の日程をご案内します。

【認知症家族教室】

地域の医師や、介護専門職等からのお話を聞くことで認知症の知識を深め、介護者通しの交流を通して、1人で悩まず、心にゆとりを持って介護できるようにお手伝いします。28年度は午後に開催していましたが、皆さまが参加しやすいように午前に変更しております。

  東部:第2月曜日、10:0012:00  ※第2回目は13:3015:30

  西部:第3火曜日、13:3015:30

【家族サロン】

 認知症の方を介護しているご家族が、不安や悩みを自由に話し合える場です。

  東部:第1水曜日、13:3015:30  ※5月のみ第2水曜日

  西部:第4木曜日、13:3015:30

【もの忘れ相談医による専門相談】

  地域のもの忘れ相談医と個別に、認知症の症状や治療について気軽に相談できる場です。※1組の相談は30分程度、事前予約制

  東部:第3水曜日、13:3014:30 

  西部:第4水曜日、13:3014:30

上記事業にかかる費用は無料です。

認知症家族教室も家族サロンも、まだ参加者の受付をしています。また途中からの参加もできるので、第2回以降での参加を希望される方はいきいき支援センターまでご連絡下さい。もの忘れ相談医による専門相談は、事前にご予約下さい。(予約は2組まで)

a0215710_14350666.jpg
a0215710_14351378.jpg


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-29 15:00 | 家族支援 | Comments(0)

私たちいきいき支援センターは、高齢者ご本人様やご家族の方などからお困りごとについての相談対応をしています。東部いきいき支援センターの担当地域は、汐路・豊岡・中根・弥富・陽明小学校です。また西部いきいき支援センターは、井戸田・高田・穂波・堀田・瑞穂・御劍小学校区を担当しています。

東部センターでは平成2811月から相談内容の集計を行ってきました。その結果、平成292月末までの相談件数は、本所と分室あわせて225件でした(簡単な問い合わせや情報提供は除く)。

今回はこの結果を基に相談内容の分析をしました。相談内容からわかった特長について、分析しています。関心のある方はこちらをご覧ください(年度途中からの集計のため、分析の正確性に欠く所はご了承ください)。

今後もいきいき支援センターが「高齢者の身近な相談窓口」となるよう、センター事業に取り組んでいきますので、引き続き皆さんよろしくお願いします!


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-22 12:00 | 報告 | Comments(0)

 3月14日(火)にケアマネサロンを開催しました。今回はケアマネの皆さんから多く要望いただきました要介護の方のケアプランについての研修を行いました。

あすわひのきケアプランセンター管理者 下鶴 紀之様を講師にお迎えして「ケアプラン作成のコツ~記入に際しての視点・考え方を学ぼう~基本編」と題しお話しいただきました。36名と、多くのケアマネの方に参加いただきました。

・ケアマネジメントの流れから居宅サービス計画書の目的

・最低限必要な書類

・ケアマネジメントに必要な医療情報

・モニタリング総括表の活用方法

・ケアプランの同意の日付   など事例を交え具体的にお話しいただきました。

参加者からは「見立ての必要性や重要性が分かった」「項目ごとに基本的な考え方を再確認できた」「根拠を説明できることが大切と分かった」など多くの感想をいただきました。

a0215710_17251282.jpg

今回企画から一緒に参加いただきました、主任ケアマネの皆さんありがとうございました。

次回のケアマネサロンは411()です。瑞穂区障害者基幹相談支援センター職員を講師にお招きし、障害の独自サービスや上乗せサービス、障害から介護保険に切り替える時の手続きの時期や方法、注意事項などについてお話しをしていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-21 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)
ケアマネさくら通信4月号を発行しました!

ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信4月号」を発行しました。

毎月、行われたサロンの報告や
次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください!!
詳しくはこちら
[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-21 11:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)

梅の花も満開を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、いきいき支援センターに配属されている3つの職種の1つである、主任介護支援専門員の業務についてご紹介したいと思います。

いきいき支援センターに勤務する主任介護支援専門員は、介護予防ケアプラン作成の他、他の職種と同じように総合相談を受けたり、家族介護支援事業など様々な事業も分担しています。その中で、主任介護支援専門員としての重要な業務の一つに、「ケアマネ支援」というものがあります。

瑞穂区ではケアマネ支援の一環として、毎月一回程度、ケアマネジャー向けの研修会を開催しています。今年度は、金融機関との関わり方や事例検討会、名古屋市仕事・自立サポートセンターからのお話などをテーマに研修会をしました。ケアマネジャー向けの研修会の内容を考えるのも大切な仕事です。毎年、地域のケアマネジャーから様々なご意見をいただきます。その中から、勉強になるものや新しい情報が発信できるものなど、アンケートを参考にしながら、東部・西部の主任介護支援専門員で決めます。例年、1月を過ぎたころから翌年度の年間計画の案を準備し始め、3月頃に年間予定を決定していきます。

他にもケアマネジャー向けの通信「さくら通信」を毎月20日頃に発信しています。また、地域のケアマネジャーの相談に乗ったり、困難ケースについて同行訪問することなども行っています。

今回は、ほんの一部ですが、瑞穂区のいきいき支援センターの主任介護支援専門員の業務について紹介いたしました。また来年度も盛り沢山の内容でいきたいと思います。いきいき支援センターへのご要望などありましたらご連絡ください。

瑞穂区東部いきいき支援センター  :052-858-4008

瑞穂区東部いきいき支援センター分室:052-851-0400

瑞穂区西部いきいき支援センター  :052-872-1705


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-15 12:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)

平成29年2月16日、瑞穂区在宅サービスセンター研修室にて孤立死防止セミナーを開催しました!

キーパーズ有限会社代表取締役吉田太一氏を講師にお迎えし、「孤立死の現場から学ぶ」と題し、遺品整理サービス事業の提供を通じ、孤立死の実態や今後の課題についてユーモアあふれる口調で講演いただきました。

当日は20代の方から70代まで幅広い年齢、93名の方がご参加され、皆さん熱心に受講されていました。皆さんには日頃から人とのつながりを持つことの大切さを感じてもらえたかと思います。

a0215710_09302851.jpg



[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-14 12:00 | 報告 | Comments(0)

「オレンジカフェみずほ」モーニング編を平成2931日(水)に開催しました。

地域の方や家族介護者、区内の介護専門職など協力者の方々合わせて32名に参加していただきました。

今回は近隣住民の方へ新聞折り込み広告を配布させていただいたこともあり、たくさんの方に参加いただきました。インターネットで知って、稲沢市からの参加者もありました。

今回のプチ勉強会のテーマは「“回想法(大喜流)”~ぜひ体験してみてください~」と題し、大喜デイサービスセンターの谷風管理者がお話しくださいました。

 

  

   

今で言うところのアイドル歌手や役者の方々の画像をスクリーンに写し、それに対して、“この人は誰でしょう?”“愛称は?”“どういう歌を歌っていた?”“どんな映画に出ていた?”など質問をされました。挙手をして答えられ、皆さん満面の笑みで楽しそうに答えてみえました。皆で一緒にその歌を歌ったり、映画の話をしたりと終始にぎやかな様子でした。

昔の懐かしい思い出話に花が咲いたと大変好評でした。

次回は45日(水)8時半から「“悩んでいませんか?膝の痛み”~ツボを押して 膝を元気にしよう!~」というテーマで開催します。次回のチラシをご参照ください。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-10 12:00 | Comments(0)

健康・福祉・介護など生活の中でのお困りごとはありませんか?皆様の地域で身近に相談できるところがあると安心して暮らしていただけるのではないかと思います。

名古屋市では、「高齢者いきいき相談室」という相談窓口を設置し、身近な場所で相談を受け付け、いきいき支援センターと協力しながら、高齢者の方が地域において安心してくらし続ける体制づくりを構築しています。

 主任介護支援専門員が所属している居宅介護支援事業者のうち、事業実施の申し出のあった事業所が「高齢者いきいき相談室」として相談を受け付けています。

瑞穂区にはいきいき支援センターが3ヶ所ありますが、高齢者いきいき相談室は現在15ケ所あります。「高齢者いきいき相談室」は身近で気軽な高齢者の相談室となっていますのでどうぞご活用ください。
 瑞穂区内の高齢者いきいき相談室の一覧はこちらをご覧ください。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-08 12:00 | 相談窓口 | Comments(0)

平成26年度から5カ年計画として取り組んでいる『瑞穂区地域包括ケア推進計画』の中間報告として、瑞穂区地域包括ケア通信第4号を作成しました。

この計画は高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができることを目標にしています。各プロジェクトについてプロジェクトチームメンバーといきいき職員等で、検討を重ねて事業を進めた平成27~28年度の2年間の報告です。

職員の思いを詰めた通信になりました。ぜひお読みください。→こちらへ


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-07 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

2月10日(金)に名古屋大谷高校で認知症サポーター養成講座を行いました。

みずほたすけ愛ネットの皆さんによる授業の一環として、瑞穂区東部いきいき支援センターの職員と、認知症キャラバンメイトの小塚さんの2名で養成講座の講師をさせていただきました。

 認知症キャラバンメイトとは認知症サポーター養成講座の講師ができる講習を受けていただいた方です。実際に業務の中で認知症の方と係わることの多いお仕事をされていますので、イメージのしやすいよう事例をたくさん紹介しながら授業を進めていただきました。

今回は、大谷高校の普通科福祉・医療進学コース2年生の生徒さん35名が認知症サポーターとなってくださいました。

大谷高校の授業では毎年、サポーター養成講座の後にグループワークで寸劇の発表が行われます。

あらかじめ、教材となる物語の中の場面を取り上げ、どのように対応したら良かったかを生徒自身が考え、台詞や配役もグループで話し合って発表されるため、認知症の方への対応方法についてより深く考えることのできる授業になっています。

認知症サポーター養成講座は、認知症についての正しい知識をお伝えし、対応方法について基本的な姿勢もお伝えします。その知識を元に、今後もどのように認知症の方と関わっていけばよいかを考える材料としていただければ嬉しいです。

a0215710_16181806.jpg

瑞穂区では認知症について学びたい方、認知症の人への対応方法について知りたい方、サポーターになりたい方等を対象に認知症サポーター養成講座の出張講座を行っています。

瑞穂区内に在住、在勤、在学の方で会場が瑞穂区内であれば、5人以上の参加者がいることを条件に無料で講座を行わせていただきますので、興味のある方はこちらのチラシをご参照ください。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-03-01 12:00 | 講座 | Comments(0)

家族介護者支援「オレンジカフェみずほ」ナイト編を平成28年度4回目を平成29210日(金)に開催しました。

家族介護者や区内の介護専門職など協力者の方々合わせて20名の参加がありました。

今回は、瑞穂区日向町にあるひなたデイケアセンターのご協力を得て、開催しました。新聞チラシを見ていただいた方やオレンジカフェみずほ ナイト編の常連の方や介護職の方にもご参加いただきました。最初に施設の見学会をしていただき、下肢のマッサージ器の体験もしていただきました。

 この日は、寿司職人の方による色々な巻き寿司と、施設で提供されているお食事をいただきました。

最後にはとても美味しいデザートもついており、とても満足したとの意見を頂きました。

「二人暮らしだった為施設入所されたことで一人暮しとなり、自分の楽しみの持ち方や色々な方との交流が必要。」

「自宅で最後まで介護をしたい。年に1回自分の楽しみを持っている。」

といった意見をいただきました。

今回は若年性認知症の方も参加いただき、その方はスタッフとお話し、ご家族は同じ介護者の方々と笑い合い、会話もとても弾んでいました。

次回は 平成29623() 19時から開催します。次回のチラシをご参照ください。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-02-23 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

瑞穂区東部いきいき支援センターでは、高齢者の皆様が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくりの一環として、汐路学区の民生委員の皆様とケアマネジャーの皆様との意見交換会を年3回実施しています。214()1330分~、平成28年度最後の意見交換会が行われました。

これまで「地域支えあいマップ」や「みずほっぺあんしん情報シート」の活用方法などについてグループワークを行い、意見交換をすることで民生委員とケアマネジャーの仕事について相互の理解を深めてきました。

今回は認知症の独居高齢者の事例を通して、それぞれの立場でどのような支援方法があるのか、グループワークで意見交換をしました。共通した意見は、民生委員とケアマネジャーが情報を共有し、連携していくことの必要性です。個人情報保護のこともあり、現状では情報の共有は難しいところがありますが、連携の仕組みについて行政でも検討されているようです。

来年度も安心して暮らせる地域づくりのために、民生委員の方との意見交流会を続けていきます。

a0215710_17194292.jpg


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-02-22 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)
ケアマネさくら通信3月号を発行しました!

ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信3月号」を発行しました。

毎月、行われたサロンの報告や
次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください!!
詳しくはこちら

[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-02-20 14:00 | Comments(0)

 寒い冬は、外出の機会が減りがちです。そこで、今回は瑞穂区内のお出かけスポットをご紹介します。健康のため、介護予防のために、予定の一つに加えてみませんか?詳しい内容等はそれぞれのお問い合わせ先へご連絡ください。

〇定期講座〇

 ①瑞穂福祉会館(電話8413113) 

  4月開講の趣味講座の受講生を217日(金)まで募集してます。

  60歳以上の人が対象です。こちらのチラシをご参照ください。


 ②瑞穂区社会福祉協議会(電話8414063) 

  4月開講の高齢者はつらつ長寿推進事業(コスモス)

  参加希望者は213日(月)~310日(金)に申し込みしてください。

  市内在住の65歳以上の人が対象です。こちらの案内をご参照ください。


〇単発講座〇

 ①瑞穂保健所(保健看護担当 8373271

  36日(月)1330分~1530

  「かしこく楽しい体操講座」があります。

  申し込みは213日(月)から先着順です。


②瑞穂図書館(電話8530450)
310日(金)1330分~15

  講演会「くすりとの正しいつきあい方~薬局で買える薬~」があります。

  218日(土)10時から申し込みができます。


③東山荘(電話8312672) 

  310日(金)に弥生茶会が開催されます。

  事前にチケットをお求めください。




[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-02-15 12:00 | 介護予防 | Comments(0)

 21日(水)『オレンジカフェみずほ~モーニング編~』を喫茶店「和が家」さんで開催しました。地域の方や家族介護者、区内の介護専門職の方など合わせて21名の参加がありました。

 今回のプチ勉強会は「自分の体のことを知っていますか?~看護師さんから正しい血圧の測り方を学びましょう~」と題し、サラダ・ナースの看護師 水流(つる)とき江様にお話しいただきました。

a0215710_16132337.jpg

 血圧は常に変動しており仮面高血圧や早朝高血圧などは、健診だけでは発見できにくいため、家庭で血圧を測り自分の血圧の状態を知り、管理していくことが大切です。測定は、起床時1時間以内(排尿後、朝食・服薬前)です。出来るだけ決まった時間に測り記録しましょう。腕は机などに乗せて心臓と二の腕が同じ高さになるようにします。他にもヒートショックの対策方法なども教えていただきました。

 次回のオレンジカフェみずほ~モーニング編~は31日(水)、プチ勉強会のテーマは「回想法(大喜流)~ぜひ体験してみてください~」です。詳細はこちらのチラシを。ご参加お待ちしております。

a0215710_16182021.jpg


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-02-08 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

119日に瑞穂区役所のさくらルームにて瑞穂区自立支援連絡協議会の相談部会において、ボランティア団体やケアマネジャー、障害サービスの関係者などを対象に学習会が開催されました。

テーマは「65歳問題」。障害福祉サービスと介護保険サービスは年齢によって利用する制度が異なります。ちょうど切り替わるのが65歳。(介護保険第2号被保険者は40歳。)利用者も支援者も2つの制度の間で混乱しやすい現状があります。

今回は2つの事例を用いて、障害独自のサービスや介護保険のサービス、新しく始まった総合事業についてそれぞれの担当者が説明し、障害と介護保険の制度を整理し、関連するサービスについて確認をしました。

ケアマネジャーさんからは、もっと深く障害の制度について知りたいという要望もあり、来年度はいきいき支援センターのケアマネサロンでも障害制度について学習会を企画したいと考えています。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-02-01 12:00 | 報告 | Comments(0)

118日(水)毎月第三水曜日の午前に開催されている中根学区の地域サロン「白砂サロン」に、いきいき支援センターの職員がお伺いし介護予防ミニ講座を行いました。

講座では20名の方が参加され、介護予防で心がけたい日常生活のお話と、注意分割力(2つ以上のことを同時に行う能力)を鍛える認知症予防ゲームを楽しみました。

いきいき支援センターでは身近な場所で気軽に集まり楽しくふれあいを深めて交流することができる地域サロンのご案内も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

瑞穂区東部いきいき支援センター  :0528584008
瑞穂区東部いきいき支援センター分室:0528510400
瑞穂区西部いきいき支援センター  :0528721705


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-25 12:00 | 介護予防 | Comments(0)
ケアマネさくら通信2月号を発行しました!

ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信2月号」を発行しました。

毎月、行われたサロンの報告や
次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください!!
詳しくはこちら

[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-20 10:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)


「オレンジカフェみずほ」モーニング編を平成29年1月11日(水)に開催しました。



地域の方や家族介護者、区内の介護専門職など協力者の方々合わせて17名に参加していただきました。



今回のプチ勉強会のテーマは「“ご自宅でも出来るタオル体操をしてみませんか?~呼吸を整え、リラックス~”」と題し、瑞穂区にあるリハビリデイサービスセンターのオリーブの樹の職員の方からお話しいただきました。


  実際にタオルを使って運動を行い、使う筋肉や効果についても説明していただきました。その部位を意識して体操できるので、より効果的でした。


  ・タオルを手指や足指でにぎるギャザー運動⇒認知症予防


  ・タオルを上に持ち上げたのち後ろに引く⇒腹筋が鍛えられる⇒内臓の下垂を防ぐ


  ・タオルを上に持ち上げた後横に倒す⇒肩甲骨を意識して行うことにより、肩こり防止


  ・タオルを足先に引っ掛けて、ひっぱる⇒ふくろはぎをのばす


  ・タオルを膝に引っ掛けて、横に動かす⇒股関節の運動  等々


   


   


お正月明けでなまっている身体を動かすことが出来た、と大変好評でした。


次回は2月1日(水)8時半から“自分の体の事を知ってますか?~看護師さんから正しい血圧の測り方を学びましょう~”というテーマで開催します。次回のチラシをご参照ください。






[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-19 14:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)

 昨年の101日に「認知症の人にやさしい店」事業を開始しました。この事業では、認知症の方の立場に立って、適切な接客対応をする店が増えることで、認知症の方が安心して積極的に外出できる地域を目指しています。また、認知症等で日常生活に支援が必要な方を早期に発見して、いきいき支援センター等の適切な関係機関につなぐ見守り体制を構築することも目的としています

 瑞穂区の店舗、金融機関、企業等の従業員の方が対象となります。ぜひ、一緒に地域で認知症の方やそのご家族を見守り支え合っていきましょう。詳細はこちらをご覧ください。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-18 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)


「その症状は認知症ですね。それなら・・・」と題して名古屋第二赤十字病院 神経内科部長 安井敬三先生より講演をしていただきました。瑞穂区内と他区のケアマネさん・区内のサービス事業所も含めて75名の参加があり大盛況でした。


 ・高齢者の交通事故が増えたことにより、臨時認知機能検査制度が新設される


 ・アルツハイマー型認知症では、半数程度に妄想が見られ、そのうち75%で物忘れ


  や妄想が見られる(特徴的所見として取り繕い反応・振り返り反応・構成失行ある)


 ・幻視はレビー小体型認知症の約7080%にみられる


 ・中核症状と周辺症状がどの様に現れているかによって、薬の処方が違ってくる


 ・認知症を早期発見することにより、家族と一緒に生活が出来る時間が延びる


 ・アルツハイマー病の原因(アミロイドベーター)は発症の20年前から、(タウ)は発症の10年前から溜り始めている


 ・認知症の予防として、地中海料理(魚介と野菜、オリーブオイル、ナッツ、赤ワイン)が理想で、よく噛んで食べることが必要


 ・社交ダンスは認知症の予防に良い



  10グループに分かれて、グループワークも行いました。質疑応答にもしっかりと答えていただき、参加者からも好評でした。


来月は多職種連携会議を予定しています。


皆様のご参加をお待ちしております!!



[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-17 14:00 | ケアマネ支援 | Comments(0)

 認知症初期集中支援チームでは、専門医、社会福祉士、保健師が、認知症が疑われる人や認知症の人、その家族を訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を集中的(おおむね6ヶ月)に行っています。

【対象となる方】

40歳以上で、在宅で生活しており、かつ認知症が疑われる人又は認知症の人で以下のいずれかの基準に該当する人。

①医療サービス、介護サービスを受けていない人、または中断している人で以下のいずれかに該当する人。

 (ア) 認知症疾患の臨床診断を受けていない人。

 (イ) 継続的な医療サービスを受けていない人。

 (ウ) 適切な介護保険サービスに結び付いていない人。

 (エ) 診断されたが介護サービスが中断している人。

②医療サービス、介護サービスを受けているが認知症の行動・心理症状が顕著なため、対応に苦慮している人。
 地域の方で対応に困っている方がおりましたら、いきいき支援センターまでご相談下さい。
a0215710_11233667.jpg



[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-11 12:00 | 家族支援 | Comments(0)

平成281220日(火)、瑞穂生涯学習センター主催の後期講座『高年人生を楽しみましょう』にて、認知症サポーター養成講座を実施しました。

今回はいきいき支援センターの職員だけでなく、認知症キャラバンメイトの方とともに講義を行い、26名の方が出席されました。「早く受診した方がいいと言うが、どのタイミングで受診すればいいのか?」というご質問もあり、皆さん熱心に受講していただきました。

最後のアンケートでは「目線を合わせて声をかけることが大事」「若い人にも受講してもらいたい」などのご意見があり、私たちもより多くの方に受講していただけるよう、引き続きサポーター養成講座を開催していきたいと思います。

5人以上集まれば出張講座を行いますので、関心のある方はいきいき支援センターまでお気軽にお問い合わせください。

瑞穂区東部いきいき支援センター  電話858-4008

瑞穂区西部いきいき支援センター  電話872-1705

a0215710_09282054.jpg


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-05 12:00 | 報告 | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年も瑞穂区東部・西部いきいき支援センターをよろしくお願いします。

さて、「いきいき支援センター」(※一般的には「地域包括支援センター」と呼ばれます)は、平成184月から市内29ヶ所に設置され今年で11年目を迎えました。平成247月から16ヶ所の分室も設置され、瑞穂区東部センターにも分室が設置されています。

瑞穂区の特徴は、東部・西部センターとも社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会が名古屋市から受託を受け運営していることです。私たちは同一法人が受託しているメリットを活かし、両センターで一体的に「オレンジカフェみずほ」、「認知症の人にやさしい店」、「ケアマネサロン」などの事業の運営を行っています。

『地域包括ケアシステム』を実現するために、今年も地域住民の皆様や関係機関の皆様と連携して事業に取り組んでいきたいと思います。至らない点があるかと思いますが、皆様、引き続きご協力を賜りますようよろしくお願いします。

瑞穂区東部いきいき支援センター

電話858-4008

瑞穂区西部いきいき支援センター

電話872-1705



[PR]
# by mizuhoikiiki | 2017-01-04 12:00 | その他 | Comments(0)

瑞穂区東部いきいき支援センターでは瑞穂福祉会館のロビーにて、毎月第2火曜の14時~15時に「なんでも相談」を行っています。

なんでも相談では、その月の注目の話題や、皆さまからのご要望をお聞きしながらテーマを決めお話しし、その後に日頃、生活の中で困っていることや不安に感じられていることなど、様々な相談を個別にてお聞きしています。

今月は、20()に「新しい総合事業と介護保険について」お話しをしました。介護保険制度の改正により、名古屋市では平成286月から介護予防・日常生活支援総合事業(新しい総合事業)が始まっています。事業が始まって半年が経ちましたが、まだ利用方法や何ができるのか分からない人も多いのではないかと思い、資料を使いながら説明をしました。最近気になっていることや話を聞いてみたいことがありましたら福祉会館の職員やいきいき支援センターの職員へ声をかけてください。

来月も117()14時から福祉会館のロビーにてなんでも相談があります。お時間ある方は、ぜひ福祉会館にお越しください。お待ちしております。
 瑞穂福祉会館のホームページはこちら


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2016-12-21 12:00 | 介護予防 | Comments(0)

ケアマネさくら通信1月号を発行しました!

ケアマネジャーの皆様にご覧いただきたい
「ケアマネさくら通信1月号」を発行しました。

毎月、行われたサロンの報告や
次月の「ケアマネサロン」などのご案内をします。

瑞穂区内に事業所がある居宅介護支援事業所には
すでにご案内をさせていただいております。

瑞穂区外のケアマネジャーさんもぜひ、ご参加ください!!
詳しくはこちら

[PR]
# by mizuhoikiiki | 2016-12-21 08:59 | ケアマネ支援 | Comments(0)
12月7日(水)『オレンジカフェみずほ~モーニング編~』を喫茶店「和が家」さんで開催しました。地域の方や家族介護者、区内の介護専門職の方など合わせて18名の参加がありました。

 今回のプチ勉強会は「気軽に集まれる地域のお茶の間『サロン』をご存知ですか?~どこでどんな活動をしていて、どんな効果があるのかを紹介します!~」と題し、瑞穂区社会福祉協議会の地域福祉推進員奥坂紗代様にお話しいただきました。

a0215710_10034919.jpg

 サロンとは、地域で高齢者や障がい児・者、子育て中の方が生きがいづくりや元気に暮らすきっかけづくりを見つけ、地域の人同士のつながりを深めていく場のことをいいます。瑞穂区内では現在、63か所のサロンがあります。コミュニティセンターや団地、お寺、個人宅の離れなど様々な場所を活用して開催されており、お菓子を食べながらおしゃべりをしたり、保育園児とのふれあいの時間があったり、タオル体操をしたりなどそれぞれ特徴持って活動をされています。

 家から一番近いサロンは?男性が多いサロンは?麻雀ができるようなサロンは?などサロンについて気になることや、聞いてみたいことがあれば、瑞穂区社会福祉協議会までご連絡ください。

 次回のオレンジカフェみずほ~モーニング編~は111日(水)、プチ勉強会のテーマは「ご自宅でもできるタオル体操をしてみませんか?~呼吸を整えリラックス~」と題し、デイサービス事業所のオリーブの樹リハビリデイサービスの職員の方にお話しいただきます。詳細はこちらのチラシを。お気軽にご参加ください。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2016-12-15 12:00 | 地域包括推進計画 | Comments(0)
 認知症ケアパスは、その方の認知症の段階を知り、どこに相談し、どのような支援が受けられるかをまとめたものです。名古屋市の各区毎にケアパスを作成しています。     

瑞穂区では平成286月に瑞穂区版の認知症ケアパスを区内の区役所、保健所、福祉会館、コミュニティセンターなどの公的な機関や、郵便局、病院、調剤薬局、居宅支援事業所にお配りしました。96日の認知症講演会などのイベント等でも直接来てくださった方へお渡ししておりますので、ご覧になった方もいるかと思います。


a0215710_15203447.jpg

そしてこのたび、認知症ケアパスのポスターを作製しました。瑞穂区内の病院へお配りしておりますので、もしかしたら、皆さんが受診される病院で見かけることがあるかもしれません。診察の待ち時間などで、認知症の段階の分かるチェックリストだけでもやってみていただければ嬉しいです。
 また、事業所の方でポスターを貼ってくださるという方がおられましたら、いきいき支援センターまでご連絡ください。

 瑞穂区東部いきいき支援センター  :052-858-4008

 瑞穂区東部いきいき支援センター分室:052-851-0400

 瑞穂区西部いきいき支援センター  :052-872-1705

a0215710_15202139.jpg




[PR]
# by mizuhoikiiki | 2016-12-14 12:00 | 地域支援推進員 | Comments(0)

1114日(月)午前10時~午後1時 愛知みずほ大学短期大学部にて「男性初心者料理教室」が開催されました。

 愛知みずほ大学短期大学部の教授上原正子先生のご協力のもと、料理に不慣れな65歳以上の男性向けに、料理を楽しみながら、交流をしていただく場として昨年に引き続き開催しました。当日は30名の方が参加され、うち3組はご夫婦の方でした。

a0215710_13584023.jpg
 メニューは、パエリアとトマトとじゃこのサラダ、カボチャのポタージュです。

上原先生から食材や作り方の手順についてご説明をいただいた後、8グループに分かれて調理をしました。みなさん協力し合って、思いのほか手際よく作業もすすみ、時間通りに出来上がりました。参加者同士会話も弾み、味わいも盛り付けもグループそれぞれで、おいしくいただきました。締めのお楽しみは、先生お手製のわらびもちでした。

a0215710_16432101.jpg

参加した皆さんから、来年は中華で…など来年の開催を期待する声もいただきました。

ご協力いただいた上原先生他、愛知みずほ大学短期大学部のスタッフの皆さまには感謝申し上げます。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2016-12-08 12:00 | 報告 | Comments(0)

 いきいき支援センター(一般的には「地域包括支援センター」)は、保健師等・主任介護支援専門員・社会福祉士の専門職がチームとなり、高齢者のみなさまを支える機関です。例えば、認知症高齢者を介護するご家族の支援として家族教室や家族サロンの企画運営や、認知症の早期発見や早期対応へ向けた支援を行っております。また、電話や窓口に来所される本人や家族などからの相談に乗るだけでなく、ご自宅へ訪問することもあります。私たちいきいき支援センターは、高齢者の方の身近な相談窓口として、みなさまが地域で安心して生活できるように日々支援しています。

 名古屋市内に29ヶ所あるいきいき支援センターのうち、社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会が受託している18センターにて、今年度途中からの採用者と来年度4月からの採用者の募集を行っています。次回の試験日は平成29118日(水)、平成29121日(土)です。どちらも申し込み締め切りは111日です。詳しくはこちらの名古屋市社会福祉協議会のホームページをご覧ください。ご応募お待ちしております!


[PR]
# by mizuhoikiiki | 2016-11-30 12:00 | 職員採用 | Comments(0)